ウイルスや菌の主な感染経路

“沫感染
  飛沫感染とは、せきやくしゃみなどで飛び散った唾液などの飛沫に含まれたウイルスや細菌が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染することを言います。
予防
飛沫感染を防ぐためには、不織布製マスクの使用が欠かせません。 また、咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かないなども重要な予防策です。

空気感染
  せきやくしゃみで発生した飛沫から水分が蒸発し、非常に軽い微粒子(飛沫核)を吸い込むことで感染することを言います。
予防
空気中に浮遊しているウイルスには、設置型の除菌消臭剤のパナラウムケアがおすすめです。 また、ウィルスは、湿度が50%よりも低いと活性化すると言われています。 加湿器などで、湿度を50%〜60%に保ちましょう。

接触感染
  ウイルスや細菌に、皮膚や粘膜の直接的な接触、または医療従事者の手や医療器具、その他、ドアノブ、便器、物品などのような物体の表面を介しての間接的な接触により、病原体が付着することを言います。
予防
ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。こまめに手洗いをし、アルコール製剤による手指消毒もこまめに行いましょう。
除菌(ウイルス対策)
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

4,860円(内税)

2,090円(内税)

前のページ | 次のページ